新型コロナウイルスワクチン接種について|栃木県那須塩原市 、大田原市にある下永田はりきゅう整骨院は、整骨、鍼灸、カイロプラクティック、整体の施術が可能です。

下永田整骨院
ホーム
電話
お問合せ
カレンダー
MAP

スタッフブログ

新型コロナウイルスワクチン接種について

2021.06.17

いつも、当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルスワクチンの接種状況も、かなり進んできたようですが

栃木県の接種率はワースト一位だったみたいですが、今はどうでしょうか?

ワクチン接種後の副反応による物議もある様です。

 

日本国内で先行して接種が進むファイザー社製ワクチンと、大規模接種センターや職域接種で使用されるモデルナ社製ワクチンは、軽度の副反応の頻度が高いと言われています。

~~~~~~
・主な副反応
日本国内の治験結果によると、主な副反応は以下の通りです。(いろいろな論文があるので記事によって頻度にばらつきがあるかもしれません)
*注射部分の痛み
①ファイザー製86.6%/モデルナ製82.7%
②ファイザー製79.3%/モデルナ製85.0%
*倦怠感
①ファイザー製40.3%/モデルナ製18.7%
②ファイザー製60.3%/モデルナ製63.3%
*頭痛
①ファイザー製32.8%/モデルナ製13.3%
②ファイザー製44.0%/モデルナ製47.6%
*発熱
①ファイザー製14.3%/モデルナ製2.0%
②ファイザー製32.8%/モデルナ製40.1%

これらの副反応はインフルエンザワクチンよりは頻度が高いようです。国内における臨床試験でも

37.5度以上になった人は1回目接種後が14.3%、2回目接種後が32.8%と高い結果でした。

国内の研究は被験者が少ないため参考程度ですが、発熱者のほぼ半数が37.5~37.9度におさまっています。

narita